痛風予防は食事からスタート~食生活改善プラン~

中年女性

低容量ピルの効用と漢方

錠剤

ホルモン補充と低容量ピル

女性は閉経を迎える年齢が近付くにつれて、卵巣機能が弱まり、女性ホルモンの分泌が急激に減少します。そこで、ホルモンバランスが崩れてしまい、さまざまな心身の不調を起こしてしまうのが更年期障害です。更年期障害の治療の方法としては、減少してしまった女性ホルモンであるエストロゲンを薬で補充するホルモン補充療法が主流です。黄体ホルモン、抗うつ剤、抗不安剤などを同時に処方することもあり、更年期障害の辛い症状を緩和させるのに有効です。また、最近では更年期障害の治療に低容量ピルや超低容量ピルなどの薬を用いる医師も増えてきました。ホルモン補充療法を行うほどホルモンバランスは崩れていないけれども不定愁訴はある場合などに適していて、副作用や体の負担が少ないというメリットもあります。

漢方の処方で改善

さらに最近では、更年期障害の治療で漢方薬を処方するケースも増えてきました。漢方薬は西洋薬と違って、1つの症状だけでなく幅広い症状に対応できるため、体のあちこちに不調が出てしまう更年期障害にたいへん適しています。また、副作用が少ないため、薬を飲むことに抵抗がある人にも不安を与えることなく処方できるほか、通常のホルモン補充療法を行いながら併用して処方することも可能です。漢方薬は健康に関心の高い女性たちの間でも空前のブームとなっていて、豊富な種類を取り扱う薬局も増えてきています。また医療現場においても漢方製剤に対する関心やニーズが大きくなっていて、医師たちの間でも漢方薬をうまく取り入れて治療に生かしたいという気運が高まっています。